千葉県内の不用品回収・ゴミ屋敷の片付け・廃品回収・遺品整理はおまかせください!

【電話受付時間】年中無休 10:00 ~ 19:00

0120-15-8919

お知らせ

今のうちから考えませんか?遺品整理をプロに頼むべきポイントとは?

2018.02.11

皆さん、いつかしなくてはならない親の遺品整理について何か考えた事がありますか?
遺品整理とは、葬儀後に故人が所有している物を整理する事をいいます。故人の親族や近い間柄の方で遺品を形見分けしたり、不用な物を処分したりする事になります。
最近は終活の一つとして親世代が自分で整理(生前整理)を済ませる場合も多くなっていますが、全ての人が行っている訳ではありません。
お盆やお正月など親元に集まる際に「そろそろ要らない物だけでも片付けて欲しいな。」と、内心思っている人も多いでしょう。しかしこればかりは本人がやる気を出すか、周りが説得するしかありません。ですが、嫁姑の立場だったり、物を捨てる事が出来ない人だと正直難しいのはないでしょうか。
そんな先々不安を抱えている方がいざという時に慌てない様、今のうちから遺品整理につい知っておきませんか?今回は、遺品整理を業者に頼むべきか自分達でするべきか迷っている方の為に、見極めるポイントを挙げていきます。

●業者への依頼をオススメするポイントは5つ!

(その1)賃貸に住んでいる
持ち家ですと家賃の問題が無いので時間を見て進めていくのも良いかと思いますが、賃貸はやはり家賃がもったいないです。また賃貸の場合、1年もしくは2年間隔で契約更新する事が多いです。住まないのに1日でも更新日が過ぎると、更新料が必要となる会社も多くなるので注意が必要です。
(その2)家の面積が広く、とにかく物が多い
広い家に1人で住んでいたり、使っていない部屋が物置状態になっている場合は特に要注意です。不用品や粗大ゴミは細かく分類したり、処分先を調べる手間もかかります。またコレクションなどがあると、更に物が多いことが考えられます。
(その3)遺品整理を少人数でしなくてはならない
昔の様に兄弟が多ければよいですが、少子化ということもあり限られた人数で遺品整理しなくてならない場合は大変な負担となります。
(その4)遺品整理をする人が高齢である
遺品整理は軽いものばかりでなく、重い家具や家電なども運ぶことになります。無理をして腰を痛めたり、体調を悪くする事も無いとは言い切れません。
(その5)親の家が遠く、遺品整理をする人の時間も限られている
遺品整理を自分達ですると、1日2日では終わりません。家までの往復時間も負担になります。またお仕事をしている人は貴重なお休みの間に行わなくてはなりません。しかし業者を利用するとスピーディーに作業を進める事ができます。

まだ遺品整理なんて早いと考える人もいらっしゃるかと思いますが、知識と心構えは無いよりある方が慌てず苦労しません。また、当社の様に遺品整理士や終活カウンセラーが在籍している所での依頼をすると、初めてでも安心ですよ!

13:5
LINEで送る
Pocket

トップに戻る